RIZINシバター八百長疑惑の真相は?代表が完全否定

2021年の大晦日に行われたRIZIN.33の試合で八百長疑惑が持ち上がっている、人気YouTuberシバターさんと元K‐1ウェルター級王者である久保優太選手の試合。

RIZINの代表は完全に否定しているとのことですが疑惑の真相はどうなっているのでしょうか?

互いの主張と合わせてまとめてみましたので、興味のある方はぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

RIZINにおけるシバター対久保優太の試合についての詳細

今回疑惑となっているのは2021年の大晦日に行われたRIZINの試合です。

人気YouTuberのシバターさんと元K‐1ウェルター級王者の久保優太選手が対戦し、シバターさんが勝利。

しかし試合後、久保優太さんがシバターさんから試合の流れについてある程度の筋書きを提案されたことを告白しました。

その内容は1ラウンドでは時間を潰すように試合をして、次の2ラウンドで久保優太選手がシバターさんを倒すというもの。

ただし実際には1ラウンドでシバターさんさんが攻勢に転じて勝利しましたが…。

このRIZINの試合におけるシバターさんの提案はLINEのスクショとされる画像が出回りましたが、当初シバターさんは捏造ではないかと主張していました。

シバターの疑惑についてRIZIN代表は完全否定?

このシバターさんの一連の疑惑についてRIZIN代表である榊原信行さんは「八百長は一切なかった」として完全否定しています。

その上でRIZIN代表榊原さんはシバターさんも久保優太選手も両者とも処分は行わないと表明。

今後は選手に対する管理の徹底や選手間の契約を見直していくことも検討するとしています。

しかし同時に、今回の一連の疑惑についてはシバターさんの心理的、陽動的な作戦を「下劣」と批判。

ただしそうした上でプロの世界では珍しくないこととの認識も示し、RIZINのルールでは特に問題はないとしています。

RIZINにおける八百長疑惑でシバターはどう反論?

RIZINの試合においてシバターさんから筋書きの提案を受けたことを告白した久保優太選手。

またそれに対して元々八百長そのものは一切なかったとするRIZIN代表。

当事者であるシバターさんはどうなのか?というと、次のように反論しています。

・一切の八百長はない

・LINEも身に覚えがない

・久保選手は自分が負けたから言い訳をしているだけなのではないか

双方の言い分は真っ向から対立しており、激しい暴露合戦が続き泥沼化。

久保優太選手は今後は自身の進退についても考えているとのことです。

シバターのRIZIN八百長疑惑まとめ

RIZINの八百長疑惑におけるシバターさんや久保優太選手、RIZIN代表がそれぞれどう主張しているのかについてまとめました。

それぞれがYouTubeで自分の主張を述べており、格闘技とYouTubeとの関係についても今後は注意深く見守っていく必要がありそうですね。

YouTuber
スポンサーリンク
ramuramuをフォローする
アイリーブログタイム
タイトルとURLをコピーしました